【親バレ】絶対にバレたくない!退職代行がバレるパターンTOP5【次の職場バレ】

退職代行は「本人に代わって退職意思を表明し、退職手続きまで完了」させてくれるサービスです。

利用を検討している人の中には「退職代行を使ってでも早く辞めたいけど、親や次の職場には絶対バレたくない…」と利用を躊躇している人も多いと思います。

でも、安心してください。退職代行を使っても基本的にはどこにもバレることはありません。「信頼できる会社を利用する」「退職代行を利用しているとは言え、誠実に対応する」の2点を守れば、バレないように退職代行を利用することは可能です。

この記事のまとめ

  • 親バレしたくない場合には前もって準備が必要
  • 職場バレをしたくない場合には誠実である必要がある
  • 安心できる会社に頼むのがベスト

退職代行を利用したことって、結局バレるの?

退職代行サービスの認知度は約60%と、一般的になってきた退職代行ですが、正直なところでいくとあまり人に知られたくないものだと思います。バレたくない人は、主に2通りのバレたくない先があるようです。

親や家族にバレたくない!

自分の親や、同居している家族にバレたくないパターンです。

家族には余計な心配をかけたくはないですよね。家族に退職することを前もって伝えていなかった場合は、大きな心配をかけてしまうことになってしまいます。

また、退職や転職に理解のない家族にバレてしまうと、修羅場になってしまう可能性もあります(実際、過去の利用者様にそういったケースもありました)。

大人になってまで親や家族に怒られたくないですよね。そういった懸念をもって退職代行の利用を躊躇してしまう人もいるようです。

次の職場にバレたくない!

転職先に知られたくないパターンです。

法律的に問題ないサービスとはいえ、次の職場にバレると少し気まずい人も多いと思います。

また、「次の職場でも退職代行を使って辞めてしまうのでは?」と思われてしまう可能性もあることを考えると、なおさらバレたくないですよね。

さらに、「退職の話を自分でできないほど人間関係構築能力がない」と思われてしまうと、新しい職場でも仕事がやりにくくなってくるはずで心配ですよね。

親バレ・家族バレするときのパターンと対策

緊急連絡先に電話されてしまう

たいていの場合、入社時に緊急連絡先として同居家族や実家の連絡先を記入すると思います。

退職代行をされた会社は「本人と一度話させてほしい」となる場合が多いため、慌てて緊急連絡先に電話してしまうケースはしばしば見られます。

また、退職手続きは退職代行業者を通してやりとりすることになるため、どうしても時間がかかってしまいます。もし連絡を返すのが遅れてしまった場合などに、前の職場が「連絡が取れなくなった」と緊急連絡先に電話してしまうこともあるようです。

この場合は、「連絡を早く返す」「連絡等は退職代行業者だけにしてもらうよう、念押ししてもらう」などが対策になるでしょう。

会社からの郵送物が見つかってしまう

退職手続きの中で、どうしても物のやりとりは発生してしまいます。代表的なものは離職票などの書類ですよね。

また、退職自体が急だった場合などは、会社に置いていた私物なども郵送で送られてくることもあります。この荷物が家族に見られてしまった場合に家族バレするケースがあるようです。

対策としては「郵送の転送届を出して、友人や恋人の家に転送する」「家族のいない時間帯を指定して、見つかる前に回収する」などが挙げられます。

次の職場バレするときのパターンと対策

前職と次の職場につながりがある

全く異なる業種への転職であれば問題ないですが、同業種に転職する予定の場合には注意が必要です。特に、狭い業界での同業種転職だと、思わぬところでのつながりがあって、噂の形で伝わってしまうことがあります。

人の口に戸を立てることはできません。この場合はバレるリスクをゼロにすることは正直難しいです。

狭い業界間で転職する場合は、バレないように誠実に辞める必要があります。場合によっては退職代行を使わない、もしくは退職代行を利用するにしても誠意をもって対応することが重要です。

「退職自体は仕方ない」と思ってもらえるように事前に根回しをしておくのがベストでしょう。

リファレンスチェックがある

リファレンスチェックとは、勤めていた職場の同僚に「この人の働きぶりはどうでしたか?」と確認することです。欧米では一般的な慣習ですが、近年日本でも同様のことを行う会社が増えてきました。

リファレンスチェックは拒むこともできますが、拒否してしまうと「この人は何か問題があったのでは?」と疑われることになりかねないのであまりお勧めできません。

幸い、リファレンスチェックは回答者を指定することができます。

退職代行を利用したことを回答しない、もしくは利用に足る理由があったというふうに回答をしてくれる人を回答者に指定しましょう。

SNSなどで話してしまう

退職できたことに安心して気が緩んでしまうパターンです。

ネタとして退職代行を利用したことを話しても、案外会社側は特定することができてしまいます。特に最近では匿名アカウントでも特定できるサービスもあります。

退職代行を利用する人はどちらかといえば少数派であり、投稿が思わぬところで目立ってしまいバレてしまう…ということは十分ありえます。

対策としては、「たとえ匿名でも絶対にSNSに投稿しない」ことの一択です。

万が一バレてしまったときはどうする?

親や家族にバレてしまった場合

「次の職場を早く見つける」ことが最も良い方法になります。

バレたのが両親であっても家族であっても、心配されるのは「次の就職先はあるのか?」という点です。特にあなたが家庭の大黒柱だった場合、明日からの生活費が不安になって非難されることがあります。

そういった不安は当然のことでもあるため、親や家族に心配をかけないためにも次の職場を早めに見つけておくことが重要です。転職先が決まっていれば、一時的に心配をかけても次の職場で頑張っている姿を見せることで安心してもらえます。

ここまで、職場や家族にバレてしまうパターンを上げてきました。それぞれの対策を行えばバレるリスクは限りなく小さくできますが、不測の事態でバレてしまうこともありえますよね。

その際の対応方法もチェックしておきましょう。

次の職場にバレてしまった場合

実は「堂々と退職代行を使ったことを認める」ことが最も良いです。

退職代行を使うこと自体は全く問題ありません。そのため、退職代行を使わざるを得なかった理由を堂々と伝えましょう。

多少話を盛ってでも、「退職したかったがまともに対応してもらえなかった」「残業代の未払いなど、会社の対応に問題があった」など、退職代行を利用しないといけなかった理由を話しましょう。

次の会社がまともな会社であれば、事情を理解して不問となるケースが多いです。

逆にごまかしたり隠したりすると、心証がかなり悪くなってしまいます。繰り返しになりますが、堂々と認めて事情を話すべきでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました